「天空の城ラピュタ」は日本にもあった!?

兵庫県にある「ラピュタ」の城

「天空の城ラピュタ」と言えば、スタジオジブリの宮崎駿監督が製作した有名なアニメ作品です。この作品に登場する空中都市、「ラピュタ」を連想させるような景観の観光スポットが日本にもあることをご存知でしょうか。

まずひとつめのスポットが、兵庫県朝来(あさご)市和田山町にある「竹田城跡」です。竹田城跡は、国の史跡にも指定された全国でも珍しい完存する山城遺跡で、別名「虎臥城(とらふすじょう)」とも呼ばれています。秋から冬にかけて発生する雲海に包まれた姿は、まさにラピュタのイメージそのもの。「天空の城」や「日本のマチュピチュ」と呼ばれ、最近特に人気が高まってきているスポットです。

和歌山県と熊本県阿蘇山にもある「ラピュタ」

次にご紹介したいのは、和歌山県の紀淡海峡に浮かぶ4つの無人島からなる「友ヶ島(ともがしま)」です。友ヶ島は第2次大戦時までは軍事要塞として使用され、島のあちこちに残る砲台や要塞、弾薬庫の跡などが廃墟と化し、さながらラピュタの上の古代都市のようなイメージです。

そして最後にご紹介するのは、熊本県の阿蘇にある「ラピュタの道」。阿蘇外輪山のドライブコース・ミルクロードから入った所にある峠道で、阿蘇の牧場などに牧草を運ぶ農道として使用されています。ふもとからの標高差およそ200mのこの峠は、阿蘇に雲海が発生した日にはまさに雲の上のラピュタのような風景が広がります。

以上、日本の「ラピュタ」をご紹介しましたがいかがですか?アニメのシーンを思い出しながら訪れてみられてはいかがでしょうか。

こちらのサイトから安房鴨川行きのタビマスターズを使って遊びにいこう